恵庭・千歳・北広島近郊の新築・リフォーム

住宅の事ならなんでもお任せください。宏和建設株式会社
ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ電話番号0123-33-1582
メールでのお問い合わせは24時間いつでもOK

WB工法

家づくりは、健康づくり。

「いま、家が健康をむしばんでいる・・・」
日本の住宅は現在、高気密化・高断熱化された住宅が主流になっています。冷房によって冷やされた空気、暖房で暖められた空気を、高気密の部屋に閉じ込め省エネルギー化を推進しようという目論見でした。

ところが、ここにきて深刻な問題が浮上してきました。 高気密化・高断熱化だけを突き詰めた結果もたらされた弊害。日本の気候風土を軽視した弊害。 新築や改築直後に、頭痛、目やのどの痛み、吐き気、手足のしびれ、喘息発作、アトピー性皮膚炎の悪化といった健康被害を引き起こすシックハウス症候群もその一例です。 家具や、室内の壁や床、天井に使われる建材からで出る、ホルムアルデヒドなどの有害物質がこもってしまうことが原因といわれています。そして結露によるダニやカビの発生の問題も、高気密化ゆえの弊害です。

これらの問題を解決するのが「通気断熱WB工法」です。 日本伝統の建築技術を活かしながら、健康・快適・省エネ・高断熱を実現しました。

ムービーギャラリー

動画でわかる、通気断熱WB工法の解説ビデオです。

アレルギーやアトピーの子供に最適

通気断熱WB工法では、通常のビニールクロスではない綿のクロスを使っているので、カビや結露が少なく、焼き肉などをしても、臭いが消えやすいのです。また、ペットの臭いもつきにくく、清潔でアレルギーやアトピーをお持ちのお子様にも安心です。

実験結果が実証、シックハウス症候群を起こさないWB工法

住宅は高気密にすれば断熱性も高まりますが、その反面家の「呼吸」が止められ空気が淀んでしまいます。

カビ、ダニの温床となることはもちろん、建材に使用されている化学物質が溶け出し、アレルギー、アトピー、ぜんそく、偏頭痛などの「新築病」が多発しています。また、家自体に蒸れ、腐れが生じ、家の寿命を縮めてしまいます。換気装置を使用しても、空気の動きは必ずしも十分ではなく、部屋の隅には空気が淀んでいます。小屋裏や壁体内は、暖かい空気が循環していますが、それは建材中の化学物質が溶け出した汚れた空気です。こうした窒息状態にある住宅が新築病の原因になります。

人に優しい住宅とは、生活の中から出る湿気、臭い、化学物質をこもらせずに淀んだ空気を追い出し、家に呼吸をさせることによって、心身ともに健康が保たれる住宅のことです。

通気断熱WB工法の特徴

夏は自然の換気で涼しく、冬は気密・高断熱で暖かい。

夏の間は…

屋根の排気口と床下換気口を開き、自然の換気をします。床下換気口から入り込んだ空気は床下の冷気と混ざり合い、上昇気流によって引っ張られ、屋根排気口から排出されます。家全体に自然の涼しさが行き渡り、湿気も取り除きます。

冬の間は…

屋根の排気口と床下換気が閉まり、気密を確保します。

形状記憶合金でいきいき住宅

熱感知式記憶合金自動開閉装置(PAT)、空気対流扇、省エネヨドマーズ(PTA)の取り付けにより、何段階もの家の断熱、結露防止、室内温度差の解消、冷暖房費の削減、省エネが低コストでしかも簡単な工事で可能です。
ページの一番上へもどる